探偵

旦那の浮気証拠調査費用相場・探偵・興信所相談おすすめ

 

 

 

 

 

 

 

興信所や探偵に調査を依頼するなら、その会社の評価や口コミ情報を調べることを強くお勧めします。

 

評価が芳しくない探偵では、高額な追加料金が上乗せされたり、適当な調査でごまかしている場合もあるみたいです。定評のある会社を選べば、法外な料金をとられる危険性はありません。
不倫調査のような秘匿性の高い仕事も安心して頼めるでしょう。

 

 

不倫された事実に気づいたときは、どうしたって頭の中が真っ白になってしまうでしょう。ただ、落ち着いてきてからで構わないので、どのように対応するか具体的に考えましょう。「浮気は甲斐性」だなんてとんでもない。

 

あれは、やったほうが悪いのです。

 

 

 

精神的にはまだまだ割り切れないものがあるでしょうが、精神的苦痛を伴う行為への補償(慰謝料)を要求するのは当然のことです。探偵がしている仕事(行動)として、たいがいの人はひたひたと尾行する姿を想像するようです。相手にわからないよう追跡しながら、依頼された証拠を得るまで調査するのです。

 

調査していることがバレることはほとんどありませんが、後を追う調査員は対象となる人物の動きを先読みして予測しなければいけません。

 

 

想定外の行動をとったから失敗したでは済まされないのが、探偵の仕事です。
探偵を使ってパートナーの不倫を調べてもらう際は、結局のところ何を主眼に調査してもらうかを決め、事前によく話し合っておくことが重要です。別れさせたいだけなのか、浮気相手から慰謝料をとりたいのか、あるいは離婚裁判のための証拠が欲しいのかなどは依頼者本人が決め、調査員にしっかり伝えることです。何を目標にするかによって調査方法や裏付けのとりかたなどが変わってくる場合が多いからです。浮気というのは字のごとく軽い気持ちでしてしまうものかもしれませんが、された側にとっては浮気は人生を揺るがす一大事でしょう。信頼を裏切る浮気を好き放題にやらせておく理由はないはずです。

 

 

浮気の裏付けをとる方法は定番なところでは携帯電話の電話帳や履歴のチェックです。
メール、フリーメール、LINEその他のSNSなどで連絡を取り合っている可能性は高いです。
実際に探偵業者に来る依頼のほとんどは、不倫関連の調査です。探偵がどんな仕事をしているか、浮気調査の場合でおさらいしてみましょう。
標準的な不倫調査としては、依頼人から提供された対象情報を参考に調査対象の追尾を行います。
四六時中尾行しても気づかれるリスクが高く無駄骨なので、浮気しそうな日を絞って浮気の裏付けをとります。
一番明らかな証拠は写真ですね。

 

よくあるサービス業の対価に比べると、不倫調査で探偵を利用するコストは安いとは言えません。ただ、安さで依頼したところで浮気してるかどうか「わからなかったです」では、損失は金銭的なものに留まらないですよね。結局のところ大事なのは、探偵社の調査力の高さです。しかし、高値設定のところほど、調査能力が高いかというと、それは難しいところです。
探偵に浮気調査を依頼する際、調査料金は請け負う会社ごとに差があるのはご存知でしょうか。最初に連絡をとった会社に依頼する人が多いですが、多少面倒でも複数の探偵社で見積りをとり、説明を受けるほうが納得がいく契約ができるでしょう。
また、調査相手の行動範囲や人間関係といった情報を探偵に可能な限り伝えることで、調査時間の短縮になる上、費用圧縮になります。

 

 

興信所や探偵業者は無料相談電話ではありませんので、作業には支払いが必要です。調査員が行う作業いかんで支払い額が変わってきます。

 

 

 

尾行調査だって、ある程度まとまった時間を要します。

 

ほかにも時間帯や日にちをどう設定するかで料金に差異が出てきますので、調査を行う時間が長ければ、お金がかかると思ったほうが良いでしょう。探偵業者に回ってくる依頼の多くは不倫(の疑い)の素行調査です。奥様の第六感的にあやしいから、不倫をしているか調べてくれという場合や、ガッチリ証拠をつかんで欲しい(離婚するから)など、依頼者のニーズに合わせた調査をしてくれます。

 

不倫相手から慰謝料をとるつもりなら、明確な証拠を得る必要があるので、専門のノウハウがある探偵を頼むのが最良の選択だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所

 

 

 

 

 

◎43年の調査実績・解決実績100,000件以上 探偵業界最大手の原一探偵事務所◎

 

 

 

「浮気調査」 「人探し」 「ストーカー対策」 「いじめ調査」 などを扱う総合探偵社

 

 

 

探偵業界で日本最大級の調査員数!社員数100名以上
(10年以上のベテラン調査員が多数在籍)

 

 

 

東京都弁護士協同組合の特約店
(※法廷では法律に違反した証拠は証拠としてみなされません)

 

 

 

全国主要都市に18拠点の全国ネットワーク

 

 

本社・川越

 

 

札幌・仙台・水戸・高崎・千葉・大宮(埼玉)・日本橋・新宿 (東京)・横浜・静岡・名古屋・大阪・神戸・岡山・松山・広島・福岡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://www.haraichi.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街角相談所 -探偵-

 

 

 

 

 

 

初めての探偵探しに不安な方も匿名で費用見積もり

 

 

 

 

 

最初から探偵社・興信所への問い合わせに不安のある方へおすすめ

 

 

 

 

 

全国100社の興信所よりお悩みに合わせた探偵を紹介

 

 

 

 

 

他社のお見積もりより安い探偵を見つけるお手伝いも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

浮気診断シミュレーター・匿名相談 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

http://hello-tantei.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社

 

 

 

 

 

 

ネットでできる・完全無料の浮気解決シュミレーターが好評のHAL探偵社

 

 

 

 

全国無料出張・即日対応も可能

 

 

 

 

 

 

業界初の完全成功報酬・後払い支払 (初期費用0円)

 

 

 

 

 

 

相談料0円・匿名OK

 

 

 

 

 

 

調査完了後最短3日で証拠資料のお渡しも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

https://hal-tanteisya.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS

 

 

 

 

 

 

浮気調査・人探し・いじめ調査などを扱う総合探偵社TS

 

 

 

 

TSの強みは・・・・・・

 

 

 

 

 

◎24時間365日 無料相談・見積受付

 

 

 

 

 

◎北海道〜沖縄まで全国対応

 

 

 

 

 

◎安心の料金設定(分割払い、カード払い可)
独自の調査料金体系を導入。調査は1時間単位から依頼することが可能

 

 

 

 

 

 

◎法律専門家の起用・警察OBも在籍

 

 

 

 

 

 

夫婦カウンセラーの資格を持つ調査員が、離婚あるいは復縁までご依頼者様のお考えをお聞きし
適切なアドバイス

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所

 

 

 

 

 

 

◎全国対応可能

 

 

独自のネットワークにより、北海道から沖縄まで全国で調査可能

 

遠方にお住まいの方も対応可

 

 

 

 

◎相談だけでOK

 

 

 

 

◎現場で経験を積んだ調査員

 

対応する調査員は当社の探偵学校で基礎を学び実践経験のあるスタッフ在住

 

探偵に必要な撮影技術や尾行術といったスキル・法律の知識にも精通

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所  詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不倫をやめた原因としてもっとも多いのは、「ばれてしまったから」です。

 

普通の人が不倫の証拠をつかむなんていうのはそう簡単なことではありません。結局のところ、その道のプロである探偵に怪しい点を探ってもらう方が、確実性があるというものです。
そのかわり、浮気の匂いを察知するあたりまでは、どうしても本人次第になります。

 

このごろは技術が進み、GPS機能を使えば、浮気が懸念される人の位置情報を発見できるようになったのは有難いことです。
GPSつきの携帯やスマホはたくさんありますから、それを持たせることができれば、誰でも簡単に、相手の現在位置が判断できます。
マナー的にはともかく、法律に触れることもないため、相手の不倫を自力で見つけたいときはGPSが役立つかもしれません。

 

 

 

興信所の仕事と聞いて、尾行を思いつく人は少なくないでしょう。ターゲットとなる人物に絶対に気取られないよう行動を追い、状況を報告したり、裏付けをとったりする作業です。
悟られることがまずないとはいえ、尾行する人間は相手の行動を冷静に想定しておかねばなりません。

 

 

予想しえないことに備えて動くのが、「ごく普通の探偵」の業務です。不倫には代償がつきものとは言いますが、ある日突然、先方の奥さんから、慰謝料を求める内容証明郵便が届くのは覚悟しておかなければなりません。

 

 

 

一般的に慰謝料というと、あちらが離婚しないか、したかによって差があります。離婚に至っていないにもかかわらず多額の慰謝料を請求してきたときは、直ちに弁護士さんに相談してみるべきです。もし浮気されてしまった場合、それがわかった時は、落ち着けと言われても無理かもしれません。ただ、気持ちが鎮まったら、その不貞行為へどう対処するかを考えるべきです。

 

 

だいたい不倫行為は、道義上許されない行為です。

 

 

 

精神面では本当の解消には至らないかもしれませんが、いままでどれだけ苦しんだか、その対価としての慰謝料は、しっかり支払ってもらうべきです。いまどきの探偵業界の傾向として、タダで相談員との面談ができるチャンスを設けているところが結構あります。

 

 

 

複数の会社に相談することもできますから、依頼前に是非とも活用したいサービスです。信頼できる会社かどうか理解を深める上で重要な情報が得られるからです。

 

 

 

先入観をもたずに話を聞いてくれるはずですし、相談していくうちに、自分の悩みや気付かなかったところを、あらためて仕切り直しできるので、おすすめです。
調査会社に探偵を依頼する時に心配なのは、やはり経費を含む料金の総額だと思います。

 

 

費用は時給換算のように単純なものではなく、調査次第で変動してきます。

 

不倫や親子関連の行動調査などでしたら、1セット60分で作業するときの平均は、2万円前後です。

 

 

安ければいいというものでもないでしょうから、直接、業者に価格を問い合わせてみることが一番でしょう。

 

 

2社以上に聞くと色々わかって良いですよ。探偵社への依頼の仕方は、さしあたっては電話をかけましょう。相談に応じる職員の態度などを参考に、その上で詳細な話をするとなれば、事業所へ行くという運びになります。

 

 

 

その場で打ち合わせをして任せても良いと判断したところで契約書を交わし、そこから調査が始まります。不倫って、相手の非道な行為に応じて代償が必要だと思うんです。つまり、社会人としての信用や、公共の場での立ち位置をおびやかしてやるのが良いのではないでしょうか。
もっとも、それをするには確固たる裏付けがなければダメなのですが、きちんとした裏付けさえとれれば、心ゆくまで相手を追い込むこともできるし、目に物見せることができます。
面倒なので私はしませんが、不倫相手の勤務先や配偶者、義両親にまで通知するケースもあるようです。ご近所と付き合えなくなったり職場をやめたりと、さんざんな末路になるかもしれませんが、自業自得でしょう。離婚を前提としているようで不倫調査を頼むのは気が引けるという人もいるでしょう。でも物は考えようで、離婚しない人も多いですし、そう深刻に考えるより、気持ちの負担を軽くする程度に思ったほうが良いように思えます。

 

 

もし離婚するにしても、不倫カップルを別れさせるにしても、浮気の証拠があれば何にしても絶対的に有利というものです。興味がなかったり直視する気がなければ、それはそれでいいのかもしれませんが、白黒つけたいと思うなら、探偵業者に調査を依頼するのがいいでしょう。実際に探偵業者に来る依頼のほとんどは、素行(不倫)調査ではないでしょうか。とりあえず、調査員がどのように浮気調査を行っているのかを具体的に説明しますね。
標準的な不倫調査としては、依頼者から得た情報を元に追跡します。

 

いわゆる「尾行」です。四六時中尾行しても気づかれるリスクが高く無駄骨なので、浮気相手と会う時間がありそうな日に絞って後を追い、証拠を入手します。

 

 

探偵が対象に接触するのは法律で禁じられているため写真撮影が主です。

 

 

 

普通の仕事への対価と比べると、探偵を使って浮気調査をする際の費用は高いように思う人が多いようです。

 

 

とはいえ、価格重視で選んでも浮気してるかどうか「わからなかったです」では、無駄遣いもいいとこです。理想から言えば、調査能力を第一に考えるべきですが、高額な代金を請求するところが優秀で良い探偵社であるかというと、実に悩ましいところです。

 

浮気に依存しやすい人というのは、鬱状態の人が少なくないようです。その背景にあるのは、やはり精神的なストレスでしょう。どちらかが結婚していたり、あるいは両方が既婚で家庭があったりすると、不安やストレスを心の中に抱えることが多くなり、精神面や体の不調として出てきます。また、浮気されたパートナーのほうもウツや情緒不安定などの症状が出やすいです。一般の人が思っている以上に、探偵業者の数は多いでしょう。
探すのに迷ったら、人気や評価を参考にしてみてください。ネットを活用すれば、探偵社の評価や得意分野等が出てくるはずです。
居住地の近辺で満足度の高いところを選んで、依頼すれば、調査を任せても安心でしょうし、不倫の証拠収集も期待できるはずです。
前からなんとなく不倫の兆候があったんですよね。

 

 

確証が欲しくて、探偵を頼もうとウェブで調べたところ、思っていたより多くの会社があるようで驚きました。
3社ほど問合せして、もっとも相談員さんの対応が良かった興信所に頼むことにしました。
調査を頼むぐらいだから限りなくグレーなんですけど、時間や写真という裏付けがとれてしまうと、さすがに落ち込みました。
子育てが落ち着き、周りも勧めるのでパートを始めたんですけど、子育てのことで親身になってくれた男性社員さんと、つい浮気したんです。子育てが落ち着くまではと、どっぷり主婦をやっていた私は用心が足りず、以前と変わったところがあったのか、主人はすぐ気づいたようで、先方の奥さんや勤務先の知人などから裏付けをとられ、むこうからは慰謝料を請求され、私自身も離婚するという結果になり、後悔しています。

 

探偵も企業である以上、調査をしてもらうときは料金がつきものです。もちろん、依頼はオーダーメイドですから、調査ごとにコストテーブルも変わります。素行調査ひとつとっても、所要時間というものがあります。日時をどのように区切って依頼するかによって料金に差異が出てきますので、普通に考えて、長時間となる作業なら、必然的に費用は多くなります。スマホの普及でSNSを利用する人が増えていますが、便利に使いすぎて浮気がばれてしまった場合も増えているのです。
配偶者がスマホにロックをかけるようになったり、SNSをしょっちゅう更新していたら、日常的に浮気相手と接触を持っていると考えてもおかしくはないでしょう。

 

 

 

SNSに対する不審な行動があるかどうかはある意味、浮気の指標になるかもしれません。ダブル不倫の場合、交際解消の一因となるのは、配偶者から「子供がほしい」と言われたからというのが実に多いのです。
自分とのことを考えてくれている人に対し、自責の念を感じ、将来が見えない浮気という繋がりにうんざりする気持ちが出てきたりします。それに、職場が変わったり自宅が転居したときも今までと勝手が違うため、今までの罪の意識も手伝って、関係解消へと動いてしまうのです。浮気があったがために家族会議でも離婚話が進展せず、家裁での調停に持ち込まれることもしばしばあります。

 

 

調停の場では家事調停委員を間に入れて公正な立場で解決へ向けて話し合うわけですから、当事者のみではもつれがちなことでも、ソフトな雰囲気の中で話が進行するというメリットがあります。あまり怖がる必要はないでしょう。

 

どちらに理由があるのかはケースバイケースのようですが、探偵による浮気調査で、請求トラブルに発展することがあります。

 

 

 

当初の見積りのほか、「別料金」「経費」が加算されたり、契約を破棄しようものなら、違約金を請求されることもあるのです。
あとで後悔しないためにも、契約前にきちんとチェックしておいたほうが良いでしょう。
料金説明をしぶったり質問に答えてくれないようなら、新しく業者を見つければいいのです。異性として見られた嬉しさから応じてしまい、支えあうつもりが泥沼にはまっていく。結局のところ、不倫は何も生み出しません。

 

 

もし、今の家庭環境に不満でも、気に入った相手と人生リセットだなんて、あからさまに現実逃避が過ぎるように思えてなりません。

 

 

 

浮気相手が加わって大問題になったものの、もともとは夫婦間の問題。
不倫より先に解決策もあったでしょうし、子供の親という立場なら、無責任すぎるように感じます。
冷静になって悔やんでも始まりません。

 

 

興信所や探偵社に不倫の調査を依頼するなら、根本的にどういった目的があるのかをはっきり伝えることが非常に大事です。

 

 

 

パートナーの不倫に歯止めをかければ済むのか、離婚裁判を念頭に置いた不倫の証拠収集が目的なのかは依頼者本人が決め、調査員にしっかり伝えることです。どこに主眼を置くかにより調査期間や手法が異なることもあり、必ず伝えるようにしましょう。どういうわけか男性は浮気するものと捉えられがちです。
でも、浮気するのは男だけと思ったら大間違いです。

 

スポーツや自治会、子供関連と、女性だって出掛けるシーンは数多く存在し、ダブル不倫なんて言葉も定着するくらいですので、夫や子供がいても、浮気する人はするんです。ドラマ等にも後押しされて女性の浮気も増えてきていて、男性が興信所に浮気調査を依頼するケースがあとを絶ちません。浮気の追跡調査と一口に言っても、いざ支払いとなると、探偵社次第で結構な違いがあるようです。

 

 

一社では費用の妥当性もはかりかねることですし、最低でも二社以上に見積りしてもらうのをおすすめします。あと、ちょっとしたコツなのですが、調査する相手の情報を分かる範囲で構わないので調査員に伝えると、余計なことに調査時間を費やさずに済み、コスト削減にもなりますし、仕事の精度も上がります。

 

 

 

興信所や探偵への料金の精算方法についてですが、規模の大きな会社ならローンを利用した分割払いやクレジットカードに対応しているところもあります。早く浮気の証拠が欲しいけれども代金の都合がつかないという場合は、そうした会社を見つけるのも良いかもしれません。

 

 

夫の浮気予防になるよう、私がいま気をつけていることは、相手の言動を否定しないこと。

 

要望やお願いはいっぱいありますが、絶対言ったらダメという一線は超えないようにしていますし、収入や家計の責任を相手だけに押し付ける発言をしないことです。

 

男の人のプライドを大事にして、外見にも気を遣い、女性らしい立ち居振る舞いを忘れないでいると、夫婦円満で不倫もないと思っているんです。
不倫調査を興信所に依頼する際は、調査対象の行動範囲や時間的パターンなど詳しい情報を伝えるほうが時間もコストも削減できます。
探偵に丸投げするのは簡単ですが、不倫の裏付けをとるために手間ひまかけてやらなくてはなりません。
一緒にいれば判ることもありますし、よく観察して記録できるところは記録しておくのはいかがでしょうか。

 

 

探偵に不倫調査をしてもらったあとで、追加料金が生じることもあります。その時は、まず契約書を確認しましょう。
そこには別途料金を請求することについて記載されているでしょう。

 

 

だからこそしっかりと確認することは、トラブル防止に役立ちます。
説明を聞いてもわからなかったりしたら、契約書にサインする前にしっかり確認するのも大事だと思います。なんとなく不倫の気配を感じたら、その裏付けをとる必要があります。

 

最も確実な浮気の証拠は、写真でしょう。誰が見たって浮気だとわかるものが良いのです。

 

 

 

シロウトが相手に警戒されないよう尾行して浮気現場をつきとめたり、裁判で確実に証拠になるようなものを得るのは危険も伴いますし、探偵業者に依頼することも検討すべきです。